世界のエステ特集!!:アメリカ由来のエステ!ストーンマッサージとは!?

世界には様々な種類のエステがありますが、近年日本で注目されているエステのひとつがストーンマッサージです。

ストーンマッサージとは、アメリカのアリゾナで誕生したマッサージで、ホットストーンセラピーやホットロックマッサージなどと呼ばれることもあります。

ストーンマッサージは、玄武岩という光沢のある黒い石とオイルを使ったマッサージで、50~60℃に温めた玄武岩を全身のツボに置いたり、足の指の間に挟んだり、オイルを塗布した体の上で滑らせたりすることで、トリートメントを行っていきます。

玄武岩は、非常に密度が高く熱が冷めにくいという性質があり、遠赤外線効果によって体を芯から温めてくれるので、ストーンマッサージの施術後は温泉に入った後のように血行がよくなります。

そのため、疲労やストレスが出やすい背中や足裏、目の上などに温めた玄武岩を置くことで、筋肉の緊張が和らぐとともに、むくみの解消や代謝アップ、老廃物の排出につなげることも可能です。

なお、ストーンマッサージで使われる玄武岩の温度は、体表から1.5インチの深さまで到達すると言われています。

全身に熱が行きわたるので、ストーンマッサージはハンドマッサージの3~5倍の効果があるとされています。