気になるくせ毛のお手入れ方法とは?

くせ毛で困っているなら、お手入れの方法を工夫してみると良いしょう。大切なのは自分の毛の特徴を正しく把握しておくことです。たいていは水分の量が足りなくて、それが手強いくせを生み出しています。

髪を洗った後のタオルドライの方法を改める

そのため、洗髪後のタオルドライの方法をあらためることから始めましょう。

早く乾かしたいからといって、タオルで強く拭くことは良くありません。摩擦によって表面が傷ついてしまい、その影響でなおさら水分が逃げやすくなってしまいます。

それゆえ、正しいお手入れの第一歩として、バスタオルで優しく包み込むタオルドライを心がけることが大切です。

できるだけ摩擦が大きくならないように意識して、仕上げに櫛を使うこともポイントです。細かいと摩擦が発生しやすいので、粗い物を使って根元から下にむけて梳かしていきます。

これによって水分もその方向に流れていくというわけです。このひと手間を加えることで、ドライヤーの使用時間をかなりカットできます。

つまり、熱によってくせ毛がひどくなることを防げます。

また、それが終わってもいきなりドライヤーを使ってはいけません。湿っているので意外に感じるかもしれませんが、その上から保湿成分を豊富に含んでいるトリートメントを使用します。

髪全体をコーティングするつもりで、時間がかかっても良いので丁寧に塗っていくことが大切です。

ドライヤーはやみくもに当ててもダメ

次はいよいよドライヤーを使用しますが、やみくもに風を当てるのは良くありません。

こちらも根元から下に向かって当てていくことが正解となります。あまり近づけすぎると、くせ毛が悪化しかねないので注意しましょう。

髪が加熱されすぎないほどの距離感で、できるだけ広範囲をカバーするイメージで使ってください。髪を弱い力で下に引っ張り、くせを伸ばすつもりで行うと効果的です。このとき櫛は使わないほうが良く、手グシで撫でながら進めるとダメージが少なくて済みます。

そこまで終了したらクールモードに切り替えます。

冷風を当てることで髪が引き締まり、うねりを軽減するとともに艶が出やすくなるのです。これは開いているキューティクルが、冷やされて閉じることで起こる現象です。

くせ毛はキューティクルがだらしなく開きがちなので、この手入れは非常に意味があるといえます。

それが終わったら、最後にまたトリートメントで保湿成分を付与していきます。くせ毛の場合は毛先が痛みやすいので、特にそちらに多く馴染ませるイメージで塗布しましょう。