自宅でくせ毛は直せるか?その疑問にお答えします。

「自宅でくせ毛は直るのか」

この問いかけに対する答えはイエスです。

とはいえ自宅でのケアには限度があり、例えば頭皮の毛穴の詰まりやホルモンバランスの乱れ、加齢やパーマなど毛髪の加工によるダメージなどであれば自力でも対応できます。

しかし水に濡れた状態でもくせ毛のままなら先天性、すなわち遺伝であるため、ストレートパーマや縮毛矯正といった美容院が提供している施術でしか直せないです。

つまり先天性なくせ毛でなければ、自宅でのケアは出来ます。

やっぱり定番は「ストレートヘアアイロン」

その自宅でのケアにおいて、代表的な方法はヘアアイロンです。

ヘアアイロンのなかでも「ストレートアイロン」と冠している代物はくせ毛に特化しており、美容に疎い人でもあっという間に直せます。

高温に設定して髪をとかすだけでも効果はありますが、有効活用したいならシャンプー後に使うのがお勧めです。

使い方は簡単で、シャンプー後に髪を乾かしたら、温度を高温に設定してアイロンをかけるだけとなります。その時は毛先からとかしていき、前髪とサイドに移動していくのがポイントです。

「髪への負担を軽減するなら、低温にしたほうがいいのではないか」という意見もありますが、実は低温にしてしまうと効果が出ないばかりか、逆に高温よりも負担がかかってしまいます。

ドライヤーのかけかたにもコツがある

ところでヘアアイロンを使う前のドライヤーにも直すためのコツがあり、それは軽く引っ張りながら上から下へと乾かしていくことです。

髪ひいては頭皮のトラブルのほとんどは根元が深く関わっており、それはくせ毛にも当てはまります。根元が濡れたままだと雑菌が繁殖してしまい、炎症や痒みの原因になるのは言うまでもないです。

よって毛髪を守るためにも根元を乾かすのは大切ですが、その際に軽く引っ張っておけばストレートになりやすくなります。

ただしダメージを軽減するためにも同じ箇所に当て続けることはせず、なるべく離しながら乾かすのがお勧めです。

生活習慣の見直しやシャンプーなども大事

他にも自宅でケアできる方法は頭皮マッサージや生活習慣の改善、シャンプーとトリートメントの見直しが挙げられます。

頭皮マッサージは先述した原因の1つ、毛穴の詰まりを改善するためですが、実は髪に十分な栄養素が行き渡らないことも原因です。

つまり、頭皮の血流を改善させれば効果が期待できます。

生活習慣の改善もまたホルモンバランスを整えるための方法ですが、シャンプーとトリートメントの見直しは刺激が強いものを使っている可能性があるからです。

それだけでも髪がくねってしまいますが、洗い方が正しくない可能性もあります。