メンズ脱毛サロンの選び方:脱毛出来ない人、出来ない箇所

男性においても身だしなみの1つとして施術を受ける事が一般的になってきているのがメンズ脱毛であり、導入されている機器の性能もますます向上している様子から柔軟性が向上しているものの、予め脱毛出来ない事例についても理解を深めておきましょう。

日焼けしている方は注意が必要

メンズ脱毛を受ける前に今一度よく確認した方が良いのは、外遊びや外仕事などでしっかりと日焼けをしている方や生まれつき色が濃いめな方です。

日焼けをしている方や色が濃いめの方が気を配った方が良い理由は、メンズ脱毛の施術を行う時に照射するレーザーもしくは光は黒い物に反応して不要な体毛を取り除いていくためです。

そのように黒色の物に反応するという事はホクロとシミについても例外ではないため、しっかりとした存在感が感じられるホクロとシミが表皮上に存在している時には、カウンセリングの段階で担当者からお話があります。

また、今日では男性も体毛の処理について目を向けていて日頃から処理を習慣にしている方も少なくないですが、処理をしている段階で傷を付けてしまった時は、傷が完治してから脱毛の施術が開始されます。

ニキビが多い肌の人も注意が必要

傷と同様にニキビについても表皮上にあればメンズ脱毛におけるレーザーや光を照射する事はできないですが、小さな物であれば専用のシールを貼り付けて対処ができる場合もあります。

さらに、男性も体毛の処理を習慣化する方が増えてきているものの、女性に比べると処理をする頻度が多くない事例が珍しくないため、既に以前処理をした所から新たなる体毛が成長してきている事もあります。

体毛が成長してきている段階も脱毛出来ない条件に当てはまるのですが、理由は黒い毛が長く伸びてきていると黒色に反応したレーザーなどに熱が必要以上に蓄積してしまい、熱さを感じる事があるためです。

薬を服用していたり、妊娠中の人はタイミングが重要

他にも人生におけるタイミングという観点で脱毛出来ない事例も存在し、医師から処方されて薬剤を服用している時には症状が回復してから受ける事になりますし、妊娠していたり子供を育てている方も一段落してから受ける様子になります。

加えて、脱毛出来ない部位についても理解しておくと安心であり、特に首における髪の毛の生え際に近い部分や目の周囲、口元などは体毛が気になっていても光を当てる事は困難です。

目の周りや口元が困難である様子からもわかりますが、デリケートな部分が脱毛出来ないため鼻孔や粘膜といった人体の中でも皮膚の厚みが薄い所は、メンズ脱毛以外の方法で処理しましょう。