よく言われる「坊主にするとくせ毛は直る」は本当なのか?

くせ毛は大人っぽく見えたり上品さが感じられる事例もあるものの、洗練された印象に憧れている事例などでは特有の様子を気にする方は少なくないですし、湿度が高い時の変化を気にする方も少なくありません。

そのようなくせ毛を解消させる施術として、認知度が高くて実際に定期的に行っている方も多いのがストレートパーマですが、様々な理由で施術が受けられなかったり個人的に解消したいと考えている方に頼もしいのが、坊主にする事です。

坊主と言えば、バリカンがあれば個人的に実現させられるヘアスタイルであるが故に小学生の頃などに馴染み深かった方も稀有ではないですし、野球部などに属していた経験があるのなら高校生まで行っていた方も多いです。

そのため、坊主は特に男性にとって馴染みが深いヘアスタイルなのですが、過去にバリカンを使用して個人的に短くヘアカットをしていた方に共通しているのは、髪の毛の1本1本が太くてコシがある様子です。

ヒゲなど全身に存在している体毛に共通しているのは、カミソリなどを使用して処理をすると処理をする前よりも濃くて太くなる様子ですが、髪の毛も例外ではなく体毛なのでバリカンで頭皮に近い所からカットするほどに濃くてハリが出て、直毛になりやすいです。

また、バリカンを用いてカットをする事で直るのはタイミングも関係していて、人生の中で特に髪の毛に癖が生じやすいのは赤ちゃんの頃から高校生の頃までです。

理由は赤ちゃんの頃から高校生の頃までは成長期であり、成長期の頃は頭皮が柔らかくて毛穴も柔軟性を持っているためです。

頭皮の毛穴が柔軟性を持っていると、本来であれば丸い形をしている毛穴の形状が変化するので、波打った形になりつつ伸びてきてくせ毛になります。

成長期の頃から生え続けている髪の毛の先端部分をカットしても根本の部分には取り分けて変化が生じないですが、坊主にして頭皮に近い所からカットする事で毛穴の形が解消されて直毛が生えてくる環境が整います。

同じく年齢が関係している事としては年齢が高くなってきた時期も挙げられ、年齢が高まるとホルモンのバランスが体内に変化するので、ホルモンのバランスが変化していた時に成長した髪の毛はくせ毛になりやすいです。

ホルモンのバランスが再び良好になった様子を把握してから、根本の近い所にバリカンを使用して坊主にしていけば、ホルモンが関係して波打っていた髪の毛が真っ直ぐになって理想的直毛のヘアが得られます。