世界のエステ特集!!:フランス由来のエステ!アロマテラピーとは!?

フランス由来のエステのアロマテラピーは、植物由来のエッセンシャルオイル、精油を使う芳香療法を指します。

日本ではアロマセラピーとも呼ばれますが、定義や意味は同じです。

アロマテラピーは香りによる脳への作用と、皮膚吸収の作用に期待して用いられます。

香りの人に対する影響は無視できないもので、香りによってリラックスしたり、自然治癒力が高まることになります。

別名香料治療ともいいますし、医療においても注目を集めるものとなっています。

ヨーロッパやアラビアなどの地域では、昔から伝統的に行われてきた民間療法です。

フランス由来のエステとして広まったのは1990年代以降のことで、ストレスの緩和にうつ病や不安の改善、睡眠の質向上などから注目が集まった形です。

女性特有の疾患にも有効性が認められており、今では一般家庭だけでなくクリニックなどでも広く取り入れられています。

日本でも実は昔からハーブや香辛料を使った芳香療法は知られており、西洋医学が伝わったのと同時期にアロマテラピーも伝わったといわれます。

アロマテラピーの名前は1980年代頃から使われ始めていて、イギリスの自然派美容マッサージとして導入が行われたことから、医療のイメージは薄いです。

国や時代によっても、精油で病気を治す目的や心と体を癒やすリラクゼーションなど、意味や定義に微妙な変化が生まれているのも特徴です。